【2018年11月版本】

b.jpg
n.jpg


|創作概念|
日文版:
「弎学植務所」(Trivium Botanics)は二○一四年において創業し、創業者の二人は建築デザイン及び都市計画の専門出身なので,デザインの視点を通してスペースの解析が得意、ミクストメディアをすばしこく運用してものづくりを行い、植物と空間の繋がりを表します。
この度は台湾で代表的な茄芷(カツィ)(かぎ編み)を使い、それに其の赤、青、緑という三原色を基礎として、グリーン植物と合わせ、台湾新世代のブランド「泥好」(二ハウ)のセメント鉢を引き立てて、「于時」(Yu's Ceramics)の陶芸作品と共に,新しさ、古さとの連結を象徴します。

中文版:
弎學植務所」(Trivium Botanics)成立於2014年,二位創辦人具備建築設計及都市計畫專業背景,因此擅於從設計的觀點解析空間特性,靈活運用複合媒材進行創作,呈現植物與空間的關聯性。此次以具台灣代表性的茄芷(ka-tsì)(かぎ編み )及其紅藍綠三原色為基礎,搭配綠色植物,襯托台灣新生代品牌「泥好」(NIHOW)的水泥盆器,以及「于時」(Yu's Ceramics)的陶藝作品,象徵新舊之間的連結。